TOP PAGEに戻る

3rd Album
LAND OF DREAMS /
Michiyo Kobayashi ”

New Vintage Recordsより11/27リリース
7つのオリジナル曲と
2つのアレンジスタンダード曲からなる

3rdアルバム、皆さん、是非聴いて下さいね!!

 

LAND OF DREAMS / Michiyo Kobayashi
夢の国/小林美千代
All compositions written by Michiyo Kobayashi unless otherwise noted

1. WHERE IS THE LAND OF DREAMS(5:57)
2. BIRD'S EYE VIEW(6:01)
3. MIDNIGHT GARDEN(7:48)
4. ROMANCE(6:49)
5. FUNKY JUNKIE(6:11)
6. STAR DUST(6:21)/Hoagy Carmichael
7. FASCINATING RHYTHM(4:50)/George Gershwin 
8. LA FIN ET LE DEPART(5:44)
9. A LITTLE THING(2:43)

【personnel】
小林美千代(alto saxophone)
後藤浩二(piano)
江藤良人(drums)
徳田智史(bass)

2018年9月13・14日録音
@NUA STUDIO (NAGOYA UNIVERCITY OF ARTS)

New Vintage Recordsより11/27リリース
定価2500円(本体)+税

「LAND OF DREAMS」CD発売記念ライブ 
小林美千代 Quartet 後藤浩二(p)徳田智史(b)江藤良人(ds)

3/13(金)名古屋jazz inn LOVELY  052-951-6085 19:30〜  MC¥3000
3/26(木)吉祥寺Sometime      0422-21-6336  19:30〜MC¥2500
3/27(金)浜松Hermit Dolphin  050-5307-3971 19:30〜MC¥3500(当日¥4000)
3/28(土)豊田Kkeyboard    0565-34-1031  19:30〜MC¥3300(当日¥3800)

皆様お待ちしております!
  

ご購入は…
ライブ会場やレッスン会場にて
小林まで声をお掛け下さい。
よろしくお願い致します。

↓↓↓
こちらでもご購入頂けます
↓↓↓

郵送にて直接お送りさせて頂いてます
希望枚数、お名前、ご住所を
メールにてご連絡下さい。
その後、2750円(送料200円含む)を下記の口座にご入金下さい。
ご入金確認後、サイン入りで郵送させて頂きます。
よろしくお願い致します。

■郵便振替
口座番号 00850-7-70387
口座名称 小林美千代
 
【収録曲】  
1. WHERE IS THE LAND OF DREAMS(5:57)/Michiyo Kobayashi (2016.10作曲) 夢の国はどこにあるの?
アルバムタイトル曲。作曲の研究のためにStevie Wonderの曲集をピアノで弾いていて、いい曲だなと思ったのが「Visions(1973年)」という曲。
歌詞では、ミルクと蜂蜜のある理想の国を夢見ているけれど、それは自分が想像してるビジョンなだけなの?と不安な心を語っています。
アメリカでは、奴隷制廃止から100年経った1965年に黒人がようやく選挙権を認められ、キング牧師が暗殺されたのが1968年、
まだそれから5年という時期。
ジャズという音楽に向き合っていると、どうしてもアフリカ系アメリカ人の歴史と対峙することになります。いい曲なので、この曲をオマージュして
書いた曲です。コード進行など素材を少しもらいました。日本の未来も良いものになりますように。
曲の最後は、「どーこかしらー?」と歌詞が聞こえてきますね、とレコーディングエンジニアが言ってました(笑)。

ちなみに、同時期のWhat A Wonderful Worldは1970年の曲で、ベトナム戦争の長期化を憂いて書かれた曲だそうで、
黒人のルイ・アームストロングが歌って有名になりました。
歌詞は自然讃歌・人間讃歌、「美しい地球を壊さないで、こんな素晴らしい世界なんだから。子ども達は自分が学んだことより
もっと多くのことを学ぶんだろうな。なんて素晴らしい世界なんだろう」と未来への希望を歌っています。
2. BIRD'S EYE VIEW(6:01)/Michiyo Kobayashi(2015.3) 鳥からの視界
鳥が飛んでいて色んな場所でドラマがあるイメージ… 途中、たまには海沿いの崖に来たようなドラマも… 題名は後付けです。
ちょっとピアニストのLars Janssonっぽい曲かも。江藤くんのドラミングが活きる曲として書いた1曲。

3. MIDNIGHT GARDEN(7:48)/Michiyo Kobayashi(2015.3)  真夜中の庭
夜中、植物達が暗躍する&膨満するエネルギーをイメージして後から命名。曲を作ってから題名を付けましたが、曲が脳内のビジュアルイメージと重なります。
イメージ上でもっと自由に植物に動き出してもらってもいいですね。曲を作った頃はよくお風呂上りに夜中にベランダの植物達を眺めていて
むしろ夜中の方が植物達は成長著しく活動しているのでは、もしかしたら妖精のようなものが成長を助けているのかな?と思いながら
眺めていました。後から考えると、ちょっとサックス奏者のWayne Shorterっぽい曲かも。
そういえば、最初からどこか花のイメージで書いた曲でした。この曲も、江藤くんのドラミングが活きる曲として書いた1曲。
実は、サックス奏者のJoshua Redman的な曲作りをしました。

4. ROMANCE(6:49)/Michiyo Kobayashi(2007.12) ロマンス
ロマンスという題名の曲はたくさんありますね。ぱっと聴き、スタンダードジャズ?って思ってもらえるように書いた、ちょっとセロニアス・モンクの
イメージの曲。ピアニストが書いたっぽい曲です。サビの最後は胸キュンに作りました。

5. FUNKY JUNKIE(6:11)/Michiyo Kobayashi(2015.3) ファンキー・ジャンキー
メロディにブレイクの多い、ミディアムアップテンポのSwing。初めてライブで吹いた日、アルトサックス奏者のCannonball Adderleyが降りてきたような錯覚が。
そんなファンキーな曲です。この曲も、江藤くんのドラミングが活きる曲として書いた1曲。実はこの曲もサックス奏者のJoshua Redman的な曲作りをしました。

6. STAR DUST(6:21)/Hoagy Carmichael(2012.9アレンジ) スターダスト
スターアイズで、テナーサックス奏者の岡淳さんと2管セッションをやらせて頂く時に、せっかくなのでと思い、2管用にアレンジした曲。
リアルタイムでは見ていませんが、「シャボン玉ホリデー」というテレビ番組のエンディングテーマ曲として使われたために、現在のシニア層には
かなり知られたスタンダード曲のひとつです。3拍子と4拍子が交互に出てくるタイムモジュレーション曲。
7. FASCINATING RHYTHM(4:50)/George Gershwin(2014.2アレンジ) 魅惑のリズム
スターアイズの大坂昌彦さんフィーチャーでのライブ用に、アレンジしていった7拍子のアレンジ曲。大坂さんのドラミングをイメージしてアレンジしました。
全体的にはこの曲も、7拍子と4拍子が交互に出てくるタイムモジュレーション曲。

8. LA FIN ET LE DEPART(5:44)/Michiyo Kobayashi(2015.5) 終わりと出発
フランス語で「終わりと(再)出発」ですが、実は作った時に、北欧の白夜をイメージしていました。白夜があるというアンバランスな厳しい環境で
生きる… 曲の最初はthe endイメージ。後半はモヤモヤした白夜の中、モヤモヤした気持ちを胸に抱きながら生きる人を応援する気持ちで
作った箇所です。…で、その後、その人にドラマがあって最後はなんとか無事に光に辿り着きました、で終わる曲です。何やら複雑。
9. A LITTLE THING(2:43)/Michiyo Kobayashi(2018.8) 小さなもの
ピアノに向かう度になぜか毎回指に降りてくる曲だったので、やはり形にすることにしました。作ってみるとあまり発展しにくかったので、
小品にしました。それで小さな物です。小さくても何か大事なもの。


私の場合、共演者にドラマーがいると、ドラマーが引き立つ曲を書くことを意識することがあります。他の楽器のために書くということもなくはない

ですが、サックスとドラムの入ったジャズの場合、ドラマーの演奏スタイルや質感が曲に合うと演奏の一体感がより増す感覚があるからです。
一緒に演奏するなら、出来るだけみんなの良さが引き立つ曲を演奏する方がいいですよね。それだけ、演奏におけるドラマーの演奏スタイルの
影響、存在感が大きいということなんだと思います。屋台骨ということでしょうか。

TOP PAGE LIVE SCHEDULE 1st Album "LUCK OF PIECES" 3rd Album"LAND OF DREAMS"

BLOG

BIOGRAPHY LESSON
WHAT'S NEW MAIL MAGAZINE 2nd Album "MIND PICTURES" MY DEAR LIFE vol.2 MY INSTRUMENT LINK E-mail